全国歴史資料保存利用機関連絡協議会【全史料協】

会誌『記録と史料』


   
 第23号 (2013年3月刊)   目次・英文目次
■特集・自治体職員のみた資料レスキュー
特集にあたって 
広報・広聴委員会
陸前高田市における被災公文書救出の受け入れについて陸前高田市
総務部総務課

 高橋 良明
東日本大震災・村田町における
  宮城歴史資料保全ネットワークの受け入れと文化財レスキュー
村田町教育委員会
生涯学習課

 石黒伸一朗
福島県国見町における被災文化財の取り組みについて国見町教育委員会
生涯学習課

 大栗 行貴
東日本大震災に遭った鹿嶋市龍蔵院の文化財
  −文化財レスキューの活動に救われて−
鹿嶋市教育委員会
教育総務課

 糸川  崇
佐倉市における被災資料への取り組みについて
  −地元歴史研究学会との協働−
佐倉市総務部総務課
市史編さん担当

 土佐 博文
国文学研究資料館の資料レスキューに参加して飯能市郷土館
 金子 聡子
■研究
レファレンスから、つながる
−尼崎市立地域研究史料館におけるレファレンス・サービス発信の取り組み‐
尼崎市立
地域研究史料館

 久保庭 萌
■アーキビストの眼
公文書館機能普及セミナーin佐賀 参加記佐賀県立図書館
 串間 聖剛
小城市立歴史資料館
 佐藤 紘一
史料保存ネットワークとしての史料協を考える
  −山本幸俊氏の活動と遺産に学ぶ−
新潟市歴史文化課
 長谷川 伸
■世界の窓
第17回ICA(国際文書館評議会)世界会議ブリスベン大会 参加報告神戸大学
 佐々木和子
ICA(国際文書館評議会)ブリスベン大会 
  地方文書館部会(SLMT)参加記
筑波大学
 白井 哲哉
■アーカイブズ・ネットワーク
学習院アーカイブズの設立と課題学習院アーカイブズ
 桑尾光太カ
福岡共同公文書館開館の意義について福岡共同公文書館
 吉田 徹也
「歴史資料保全ネットワーク・徳島」の発足に寄せて松茂町歴史民俗資料館
人形浄瑠璃芝居資料館

 松下 師一
ふるさと府中歴史館の概要と公文書館機能府中市ふるさと文化財課
 庄司 明由
京都大学研究資源アーカイブの活動京都大学総合博物館
 五島 敏芳
■書評と紹介
公益財団法人渋沢栄一記念財団実業史研究情報センター編
  『世界のビジネス・アーカイブズ 企業価値の源泉』
元江東区区政資料室
 水口 政次
奥村弘著
 『大震災と歴史資料保存−阪神・淡路大震災から東日本大震災へ−』
横浜国立大学
 多和田雅保
吉越昭久・片平博文編
 『京都の歴史災害』
滋賀県県政史料室
 栗生 春実
チャールズ・O・ロソッティ著
 『巨大政府機関の変貌 初の民間出身長官が挑んだアメリカ税務行政改革』
高野山大学
 藤吉 圭二
■資料ふぁいる
「公文書館機能の自己点検・評価指標」調査結果
会員刊行物情報
全史料協この1年
全史料協会則、投稿規程、執筆要領
編集後記

■購読を希望される方は、この注文書をプリントし、広報・広聴委員会まで郵送かFAXでお申込みください。