記録遺産を守るために
全国歴史資料保存利用機関連絡協議会【全史料協】
トップページ
第37回 群馬大会及び研修会
テーマ  地域社会とともに歩むアーカイブズ −公文書管理法時代を迎えて−

開催要領
1 期  日  平成23年10月27日(木)〜28日(金)
2 主  催  全国歴史資料保存利用機関連絡協議会
3 共  催  群馬県
         高崎市
4 後  援  独立法人国立公文書館
         群馬県市町村公文書等保存活用連絡協議会
         株式会社上毛新聞社
         群馬テレビ株式会社
5 会  場  高崎市総合保健センター ・  高崎市立中央図書館
              〒370-0826 高崎市高松町5-28  TEL: 027-322-7919(図書館)
         高崎シティギャラリー
              〒370-0826 高崎市高松町35-1  TEL: 027-328-5050
         高崎ビューホテル
              〒370-0815 高崎市柳川町70  TEL: 027-322-1111
6 内  容
(1)総会
(2)記念講演
(3)大会テーマ研究会・研修会
(4)資料保存ワークショップ・ポスターセッション
(5)復興支援ミニコンサート
(6)交流会

日 程
(題目をクリックすると詳細を見ることができます)
第1日/10月27日(木)
■受付  8:30〜9:00  (総合保健センター入口)
■視察  9:00〜9:50  高崎市立中央図書館
                 青山 喜三雄氏(高崎市立中央図書館)
■研修会
〈第1時限〉10:00〜12:00 
 アーカイブズ像の変化
       丑木 幸男氏(別府大学)
 災害レスキューから見えたこと
       西村 慎太郎氏(国文学研究資料館)
〈第2時限〉11:20〜12:30 
 地方公文書館の立場から見た公文書管理法の意義と課題
       石原 一則氏(神奈川県立公文書館)
 歴史的公文書等の調査と整理
       白井 哲哉氏(筑波大学)
資料保存ワークショップ  10:00〜12:30
復興支援ミニコンサート  13:30〜14:00
■記念講演  14:20〜15:20
公文書管理法への思いと期待
       福田 康夫氏(衆議院議員・元内閣総理大臣)
■総会  15:30〜17:30
■交流会  18:00〜20:00 (高崎ビューホテル・はるな)
第2日/10月28日(金)
受付   9:00〜9:30
■大会テーマ研究会
 趣旨説明 9:30〜9:50
 全体会T  9:50〜12:00
報告1(9:50〜10:50)
 全史料協東日本大震災臨時委員会活動
       全史料協東日本大震災臨時委員会
報告U(11:00〜11:40)
 東日本大震災被災地からの報告
−公文書・歴史資料の被災とアーカイブズの役割について−

       山内 繁氏
        (NPO法人リアス芸術文化市民の会事務局長・前気仙沼市市民部長)
 全体会U  13:30〜16:10
報告1(13:30〜14:20)
 札幌市公文書館がめざすもの
       竹内 啓氏(札幌市総務局行政部文化資料室)
報告1(14:20〜15:10)
 公文書館機能の自己点検・評価指標
       新井 浩文氏(埼玉県立文書館・全史料協調査・研究委員会)
       早川 和宏氏(大宮法科大学院大学・全史料協調査・研究委員会)
討議(15:20〜16:10)
ポスターセッション  コアタイム=12:15〜13:15
■閉会行事  16:10〜16:30  
 とき : @10月26日(水)14時から(1時間程度)
                A10月29日(土)10時から(1時間程度)
 ところ: 群馬県立文書館
 申し込み: 大会申込書により事前にお申し込みの上、当日時間までに直接お越しください。
 とき : 10月29日(土)10時30分から12時まで
 ところ: 富岡製糸場東倉庫
 申し込み: 大会申込書により事前にお申し込みの上、当日時間までに直接お越しください。